ながれ星のブログ

日々の ココロがふるえたときの 出来事や
悲喜交々を 書き綴りました
目にとめてくれた方々に
すこしでも響いてくれると嬉しいです

偲ぶれど…

心が遠くなってしまった

あなたの口から

遠野物語のように語られた

彼女等を想う


それぞれが

それぞれの人生を

ちからいっぱい生きている姿を


ほんの少しの会話で

鮮明に

わたしの中にイメージさせた

あなたの…とぎれがちな口調


ときには甘く

ときには厳しく

胸に迫り来るその姿


けれど…


わたしはもう 彼女等の

行く末を窺い知ることも

できないのだ

Live

ひゅう ひゅうと

北からの風が 季節を運びゆく


嵐のあとの こころに沁みゆく

澄んだ夕陽が

あさやかに 天の光を奏でる


たとえ その身に

孤独を纏おうと

ひとは ひとりでは

生きていけない


見たいものしか 見えない

…というのなら

せめて 本当に心から楽しいと

思える明日を 見ていたい


こころのすれ違いを

埋めるのは

思いやりだ…と

誰かが 呟いていたょ


すべては 愛と感謝のもとに

Pressing On

遠くから聴こえる

開門を知らせる

古えからの 太鼓音…


石段を 一歩ずつ

踏みしめながら

登りゆく…

ここは 讃岐の地


「元気が湧くよ」と 教えてくれた

火性のひとの 心優しき

言葉を胸に

ただ …ひたすらに

自分に向き合う


心の中の不思議な静寂から


本の一小節の言葉がかすめゆく



何もなくても

しあわせにはなれる

しあわせを感じる心が

あるかどうか



………by T.HISATO